ご予約はこちら

会員(無料)なら
最低価格保証
+特典いろいろ

2022年8月開業予定「カンデオホテルズ宇都宮」

最上階の露天風呂「スカイスパ」にロウリュサウナを導入

~栃木県初上陸・サウナの本場フィンランド
SAWO 社のストーブを採用し心地よい熱波を創出~


株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長 穂積輝明)は、2022 年8 月に宇都宮駅東口地区整備事業において、住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之)とJA 三井リース建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 工藤真樹)が民間施設所有者として事業参画する複合施設(5 階~14 階、1~2 階の一部)の核テナントとして「カンデオホテルズ宇都宮」を宇都宮駅東口に開業します。
この度、「カンデオホテルズ宇都宮」の開業に向け、最上階のスカイスパ・サウナに、ロウリュ※1 サウナを設置することを決定しました。男性サウナ、女性サウナの両方をロウリュサウナとするのは、2022 年6 月に開業する「カンデオホテルズ熊本新市街」に続いて2 番目の施設となります。
※1 ロウリュとは、熱せられた石に水をかけ、発生した蒸気の波を指します。


~栃木県初上陸となるフィンランドSAWO 社のサウナストーブで熱波の演出を~

カンデオホテルズではホテル業界で唯一、開発型の全施設※2 に最上階の露天風呂「天空のスパ(スカイスパ)」を完備しています。
※2 上野公園を除く

カンデオホテルズの多くの施設で男性サウナにはドライサウナ、女性サウナにはミストサウナを設置していますが、近年のサウナブームの高まりと多様化するお客様のニーズにお応えするため、男女ともにオートロウリュ形式のサウナを導入することを決定しました。

また、関東一の源泉数を誇る「温泉県」栃木では、古くより温浴・サウナ文化が根付いています。採用するストーブやサウナ室の設計において熟考を重ね、観光やビジネスニーズはもちろん、成熟した温浴文化を持つ栃木県近郊のお客様のニーズにも対応できるよう工夫しました。

サウナストーブにはサウナの本場・フィンランドに本社を構えるSAWO(サヴォー)社のタワーラウンドヒーターを採用しました。SAWO社のストーブを設置するサウナは、栃木県内では「カンデオホテルズ宇都宮」が初となります。
20211203_PR_utsunomiya_stove.png
サウナ室の温度は8090度に設定。サウナストーブには、フィンランド深海で採掘された花崗岩(かこうがん)を砕いて作ったサウナストーンを360kg(男性)、230kg(女性) 装填します。高温になったサウナストーンから遠赤外線が放出されることにより、サウナ利用者の身体の芯まで暖め、発汗を促進します。さらに、サウナストーンに30分間隔でおよそ200mlの水が自動で注水される「オートロウリュシステム」の採用により、高温の水蒸気が定期的に室内に充満し、さらなる体感温度上昇と発汗作用を促します。オートロウリュ時にはストーブ自体がライトアップされ、熱波と光がサウナ室内を華やかに演出します。

サウナ室は、男性13 / 女性7㎡の広さで、男性8名、女性6名を収容できます。サウナ室に窓を設けることで、昼夜ともに日本百名山にも名を連ねる雄大な男体山や宇都宮市街の眺望が楽しめる仕様※3 としました。

水風呂は常時17.5度に設定しています※3。外気浴を楽しむための「ととのい椅子」を設置した地上1456mの「外気浴スペース」では、見上げると空が臨め、心地よい風が火照った身体を優しくクールダウンします。
※3 男性サウナのみ


SAWO(サヴォー)とは
1994年に創業した、世界最大のサウナヒーター、コントロールユニット、サウナアクセサリーメーカー。フィンランド、フィリピン、香港で約800人の従業員を擁し、80か国以上での販売実績を持つ。SAWOSauna Worldの略称。

「カンデオホテルズ宇都宮」施設概要

■開発計画概要
【所 在 地】 栃木県宇都宮市
【建 物 設 置 者】 住友商事株式会社
【規 模】 地上14階(5階~14階、1~2階の一部)
【部 屋 数】 288部屋
【開 業 日】 2022年8月

■施設概要
【名 称】カンデオホテルズ宇都宮
【5 ~ 14 階】 客室
【13 階】フロント / ロビー / レストラン
【14 階】最上階スカイスパ (露天風呂・内湯・サウナ)




全文(PDF)