ご予約はこちら

会員(無料)なら
最低価格保証
+特典いろいろ

観光情報ご紹介

奈良の名産・大和茶(やまとちゃ)を味わう

奈良県下ではお茶の栽培が盛んで、日本茶のなかでも代表的な「大和茶やまとちゃ」の産地となっています。
その歴史は古く9世紀まで遡り、弘法大師(空海)に随行した弟子が中国・唐から持ち帰った茶の種子を、宇陀うだ佛隆寺ぶつりゅうじに蒔いて茶園を造ったのが始まりとされます。
のちの茶道に通じる「わび茶」の祖といわれる茶人も、この奈良・大和国出身であり、奈良は茶の歴史にも関係の深い地と言えます。


山間の冷涼地である大和高原でゆっくり育った茶葉は、香り高く、すっきりとした後味が愉しめるお茶として、その品質や味わいは高い評価を得ています。大和茶は少し長めに淹れるのがオススメだそうです。


奈良にお越しの際は、ぜひ大和茶をご賞味ください。全国でも特色のある茶葉ですので、ご旅行のお土産にも最適です。